東京 新宿 駅近の少人数制結婚相談所

menu

結婚相談所 マリッジ・アージュ

暗~いはなし

 
ある家族の話です。
 
その家族は、ご主人と奥さん、ふたりの息子さん、それに、ご主人の両親のご家族です。
 
息子さんは、それぞれ結婚をされ、長男さんはお嫁さんと子供と今月生まれる予定の赤ちゃんの4人家族(予定)
次男さんは、お嫁さんと長女、長男の4人家族です。
 
奥さんは、ご主人とご主人の両親と暮らしていましたが、義母さんは6年前に脳梗塞で倒れ、以来特養に入所中、93才です。
義父さんは、義母さんが倒れてからは、「自分が元気でいないと・・・」と頑張って、ご自分のことはほとんど自分でやっていましたが、昨年暮れに起き上がれなくなって入院されました(腰の疲労骨折でした)、現在97才。
 
今、そのお宅は大変な事態になっています。
 
もちろん漠然と考えていたようですが、こんなことになろうとは・・・
 
それは、義父さんが入院している病院から、「腰はこれ以上良くはならないし、そろそろ次の受け入れ先を検討しましょう・・・」と言う話が出始めたそうです。
 
義父さんは、以前「みなに迷惑をかけたくないから、老後はどこか施設に入りたい」と言っていたそうです。
ご家族も、冷たいようだけれど、無理をしないで、『優しい気持ちでときどき見舞ってあげられれば・・・』なんて、義父さんの希望に賛成していました。
 
しかし、義父さんの受け入れ先を探してみると、義父さんと義母さんふたりを施設に預けることは、経済的に大変な負担であることが分かりました。
 
結局、ご家族で話し合った結果、自宅を建て直して、義父さんを家で看られる様にすることになりました。
 
この話は、今婚活中のみなさんの一世代上の話かもしれませんが、晩婚化している今、これと同じようなこと、つまり、ご自分の子育てに体力もお金もかかるときに、自分の親や、相手の親の介護のためのお金や体力が必要になるかもしれないと言うことです。
これから結婚しよう、或いは、今婚活中のあなた、10年先を具体的に考えたことがありますか?
 
例えば、今35才のあなたが、いいお相手が見つかり来年結婚、再来年第一子が生まれたとします。
37才ですね。ご両親はおいくつですか?
 
その10年後、お子様には、これからお金がかかります。
ご両親はおいくつですか?
お元気でいてくれるといいですね~
 
今を楽しむことも結構です。
でも、自分の人生をしっかり考えてみましょう!
 
じゃあ、結婚したくない!
ひとりで自分の生活と親のこと、すべてを抱えることはもっと厳しいと思います。
 
ご紹介した家族とは、実は私の家族のことです。
私は、幸いなことに子供たちが独立しており、子供に対しての心配がほとんどありません。
それどころか、私の仕事のこともあり、「一緒に住もう!」と言ってくれて、むしろ力を貸してくれています。
 
しかし、まだ子育中だったら・・・と思うと・・・・
 
 

関連記事

男性の方へ大切なメッセージ 女性の方へ大切なメッセージ