東京 新宿 駅近の少人数制結婚相談所

menu

結婚相談所 マリッジ・アージュ

『いつでも気軽に相談できる結婚相談所』をモットーに
新宿で13年、会員様に寄り添いながら成婚を出し続けている
マリッジ・アージュの小泉のり子です

 


木犀の甘い香りが漂う中、東京大神宮と代々木八幡神社に参拝してきました。
会員様をご成婚に導いていただいた御礼と、新宿でお仕事を続けられている御礼です。

「縁がある」とか「縁がない」とかよく言いますが、ご成婚カップルを見ていると本当に「縁だなぁ~」と思います。
そして、会員になられる方と私にも縁があるんだなぁ~と思います
以前朝日新聞に、『明治大学文学部教授 齋藤孝氏』による下記の記事がありました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結婚に必要なのは、条件でも運命でもなく「縁」を感じる心
今の若い人たちには、結婚が必然だという前提がなくなっています。
人生において「仕事」と「結婚」のどちらがより大切か?若い人は「仕事」と答える人が多いのですが、私は「結婚」だと思っています。
うちの親も「結婚の方が大事」という考え方でした。だからかどうか分かりませんが、僕自身は大学院生時代に仕事もないまま結婚しちゃったわけですけれど(笑)。
よく条件が整ってから結婚しようと考える人がいますが、すべての条件が整うなんてことはありえません。それより結婚に必要なのは「縁」を感じる心だと思います。
結婚は経済と同じで先が読めない現象です。だからこそ、結婚には自分の意思だけでなく何か別のふんぎりが必要になってきます。よく「運命の赤い糸」と言いますが、僕はそれよりも「縁」という概念の方がふさわしいと思います。運命的なことを求めると、もっと心にビビッとくる人がいるのでは?と永遠に探し続けることになりかねませんが「これも何かの縁だから」と捉えれば、結婚も前向きに考えられる。
人と人をつなげていく「縁」という言葉には、すべてを含み込む力があります。現実を受け入れ、人生を先に進めるための日本人らしいこの概念こそ、結婚の一つの基準になると思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
婚活中のみなさん!
出会った方との縁を感じ、人生を先に進めましょう
東京大神宮-1.jpg
東京大神宮(縁を導いて下さる神様にいつも感謝しています。)

関連記事

男性の方へ大切なメッセージ 女性の方へ大切なメッセージ