東京 新宿 駅近の少人数制結婚相談所

menu

結婚相談所 マリッジ・アージュ

自分の家族

 
私は、結婚と同時に主人の両親と同居してきました。
当時は義弟もまだ家におり、スープの冷めない距離に義姉も嫁いでいました。
途中、主人の転勤のため数年間は別居した時期がありましたが・・・
 
いろんなことがありましたしょぼん
 
その両親ですが、
 
義母が6年ほど前に脳梗塞で倒れ、以来病院を転々として、今は特養に入所しています。
 
そして、まもなく97歳になる義父は、「自分が倒れたらみんなに迷惑がかかる」と頑張っていてくれたのですが、昨年11月に動けなくなり入院し、多少はよくなりましたが自力できることが限られてしまいました。
 
今後は、本人の希望もあって施設入居を検討中です。
 
今は、私たち夫婦(特にリタイアした主人)が一日おきに見舞い兼、洗濯物の交換のために病院通い、時々義姉が見舞ってくれています。
義父は、私たちが行くのを心待ちにしており、遠くから姿を捉えると、とてもうれしそうな表情になりますアップ
そして、ひ孫たちの話を楽しみに、日々頑張っています。
 
ここ数日、私は、『自分の家族がいて本当によかった!!』と切実に思うようになりました。
 
私たちにも老いが来ます(既に老いていますが・・・(笑))
確かに家族がいることで、束縛されたり、わずらわしいことはありますが、今の両親を見ていると『自分の家族がいなかったらどうしただろう・・・』と考えさせられます。
 
病気になったときひとりだったら・・・
年老いて一人ぼっちだったら・・・
私は生きていけるだろうか・・・
 
今私の家庭でも切実な問題になりつつある金銭的な面も含めて
働けなくなったときに病気をしたり、老いが来たら・・・
ひとりでは生きていけない!
 
家族がいるから頑張れる
家族がいるから安心できる
家族がいるから癒される
 
私たち夫婦も遠くない将来、子供たちの力を借りる日が来るでしょう。
なるべく迷惑をかけないように心がけてはいますが、全く関係なく生きてはいけないと思います。
自分の家族がいてくれることを、しみじみとありがたいと思う今日この頃です。
 
家族.jpg
4月半ばに法事で行った山形での家族写真です
 
 

関連記事

男性の方へ大切なメッセージ 女性の方へ大切なメッセージ