東京 新宿 駅近の少人数制結婚相談所

menu

結婚相談所 マリッジ・アージュ

虚しさ

素晴らしいお天気です
喪中はがきが届きました。
2010年の6月に成婚退会をしたM子さんからです。どなたが亡くなられたのかしらと、裏を返すと・・・
ドキッと、血の気が引く気がしました。
ご主人なのです。
38才で、6才上のご主人と結婚されて、翌年『諦めていたのですが、子供が出来ました』と、とても喜んでメールを下さり、その後、男の子を出産。
優しいご主人と幸せに暮らしていらっしゃったのに・・・
お悔やみの電話をすると様子を話して下さり、
2年前に癌が見つかり、その後闘病されていたそうですが、9月に亡くなられたそうです。
「ほんとうに濃密な時間でした。」と。
ご主人も可愛いさかりのお子さんを残して、さぞ心残りだったことでしょう。
言葉もありませんでした。
今は、ご主人の会社の上司の方が「小さい子供さんもいて大変でしょう」と、ご主人が勤めていた会社で働けるよう尽力してくださって、お子さんを保育園に預けて働いているそうです。
「大変だね~、でもご主人が、真面目に会社のために頑張ってこられたからだね」と言うと、「ほんとうに、感謝しています」と、気丈に言っていらっしゃいました。
「実家に戻ることも考えましたが、実家には、いつでも戻れるから、やれるだけやってみようと思いまして」と、頑張っているようです。
電話口で、お子さんが「だ~れ?」と、言っている声が聞こえて、それに、穏やかに「ママのお友達よ」と答えている声に、胸が熱くなると同時に、辛く大変な思いをしているだろうに、以前の穏やかで優しいM子さんのままだなぁ~と思いました。
このお仕事をさせていただいて11年。
初めての出来事に、驚きと何もできない虚しさを感じています。
心からお悔やみ申し上げます。
M子さん、頑張りすぎないでくださいね。
 

関連記事

男性の方へ大切なメッセージ 女性の方へ大切なメッセージ